参加者が少ない合宿は… イチ

今回の合宿の行われたウィリンゲンのスケートリンク


こんにちは、ナッチェットです。
毎日怒涛の勢いで時間や出来事が進んでおり、なんか…ついていけておりません。が、ぼちぼちいろいろと更新できそうな予感がするので更新していきます(笑。

…8月24日付で、一度ブログをチラッッと更新いたしましたが、まとまった夏合宿も最後…。ウィリンゲン合宿となりました。ドイツのど真ん中、フランクフルトから多分2時間ちょっとの場所にあるWillingenは、スキーのワールドカップシリーズも開催されるスキーのジャンプ台があって…日本のスキー場みたいなサイズの山のある街でございます。そして、オランダやベルギーが近いこともあり、『ここどこ?オランダ?』と思うくらい、オランダ人がたくさんいるドイツのリゾート地でもございます。

Willingenのスケートリンクは、Oberstdorfのように『ザ・スケート競技のトレーニングセンター』というレベルではなく、ドイツで通年営業しているリゾート地にあるスケートリンク…というよりはちょっと田舎のスケートリンク感が満載なわけですが、色々なスケートクラブが夏合宿を開催するドイツではそこそこ有名なリンクでございます。

え?有名なリンクなのに、『ちょっと田舎のスケートリンク感満載』って。それは、解放感満載なんですけどね、リンクの外と金網フェンスを隔てているだけ、要するに、外のあったかい空気(または外の寒い空気)がど~っと入ってくるスケートリンクなんですよ。 だから、ちょっと暑い日とか日が照っている時とか、氷がちょっと溶けている(!)場所が合ったりするんですよね。上の写真を見ていただければわかると思いますが、駐車場とスケートリンク事態を隔てているのは、緑色の金網フェンスだけ(笑。外から丸見え!スケート滑っている人、動物園の客引きパンダみたいな状態だなーと、ちょっとこっそり思いました(苦笑。

とーもーかく、通年利用できるリンクが少ないドイツでは、それでも重宝されるスケートリンクです。

うちのクラブは、基本的に合宿といえばOberstdorfでございますが、Willingenで合宿を一年間に一度開催しております。その心は…

交通機関がいいので、海外からフィギュアの先生を招いてのトレーニングができるから

って、わけで、今回はうちのヘッドコーチのほかに3人のトレーナーの先生が参加されての合宿でした。

 

モチベーション向上の為に、ポチってしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

Posted by ナッチェット

ドイツに海外移住。
その後高齢出産で子供を二人出産。子育て中のナッチェットです。
子供を非常に緩く育てているつもりなのに、なぜか周りのタイガーママ(教育ママ)的に思われちゃうんですが、そんなことは絶対にないはず…なのですが、どうなのかしら。自分ではわかりません!
どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください