参加者が少ない合宿は… ニ

似たような写真でごめんなさい。再びウィリンゲンのスケートリング。
でも、こちらの写真だったら全体像がわか・・・る?

こんにちは、ナッチェットです。連続更新でございます…?。
え~、ウィリンゲン合宿のお話の続きです。
今日は、どちらかというと本題です(笑。

以前、有名なフィギュアスケートの選手の方がテレビか新聞・雑誌記事かなんかで『フィギュアスケートが上手になりたかったら合宿に参加するのが大事。一番いいのは参加者が少ない合宿』とおっしゃっていたことが頭の隅にあったのですが、今回参加したスケートが合宿はまさにそういう合宿だったことは間違いありません。いや本当に!

海外からの先生がコーチングにいらっしゃると、レッスンを受けた人で、先生の滞在費(含む飛行機代)を割り勘した金額がレッスン代の上にかかるため、比較的値段が高め』の合宿となります。…正直に言います。ドイツのスタンダードで行くと『高級な合宿』になります。ただし、日本でスケート合宿に行くとどれくらいの金額がかかるのかというのを知識として知っている私としては、日本のスケート合宿と比べたらやっぱり「良心的な」値段と思ってしまうのではございますが…。

まぁ、日本の場合、スケート人口が高いこともあり、設備が整っていたりする。設備が整っているとなれば、やっぱりリンクの貸切代もそれなりの金額がかかってきます。先生の時給もだいぶ日本とドイツでは違います。どちらの先生がいい、どちらのシステムがいいとは、一概には言えないのですが、やはり、フィギュアスケートというコストがかかるスポーツを続けやすい環境は、ドイツであるとは言えると思います。

まぁ、ともかく、その様なお財布事情があり、かなり「本気」なご家庭しか一週間以上まとめては参加しません。もちろん、週を跨いでクラブに所属している子供達は学校があるため(ほかの週では学校がスタートしている)「本気」なご家庭でも、義務教育があるので、週末だけ参加するご家庭もございましたが…。

我が家は…私が子供達に「やるなら全力でヤレ!」強要推進している為、10日間の参加でした。(最初は9日間の予定でしたが、増えました…現地で)

娘は7歳ですが、英語が喋れるので(その分日本語が笑えないくらい喋れない)海外からいらしている先生のトレーニングでも普通にコミュニケーションが取れるということもあり、すごく有名な先生からもレッスンを頂きましたし、合宿中にケガ押して練習に参加できない子が出れば、ケガしらずの丈夫さが際立つローラは、その空いた枠にあてがわれておりました(追加レッスンを突然ゲット)。ローラ自身も「英語が喋れるって…得することだったんだね」と人生で初めて自分がドイツ語以外が喋れることは便利なんだということを知る経験になったわけですが、本当にいや枠が開けば入れてもらえて、練習量が半端なかった…。

最終的に氷上での小グループレッスン+個人レッスンを合わせて28時間、アスレチックトレーニングやジョギング、専門の機具を使ったスピンやジャンプの練習が一日に2時間(10日間で20時間)ございました。

ええ…結構な練習時間ですよ
7歳の子がほぼ毎日5時間練習してました。ちなみに、ウィリンゲンに到着した日と出発した日は、練習が少なかったので、なかびは実質毎日6時間ぐらいの計算です。
(日本では当たり前かもしれないけど、比較的に星飛雄馬が生まれちゃいそうなトレーニングは7歳の子に課すことはほぼ皆無なドイツでは皆びっくりの練習量です)

ついでに言うと、合宿のコストも、結構な金額でした(それでも日本に比べたら安いけど…)

でも・・・普段だったら、自分で「親ばかすぎるでしょ」とツッコミを入れるところですが、いや、今回の合宿の成果は、本当にすごかった

値段もすごかったけど、成果もすごかった。
ぶっちゃけ「元取った!」と思いましたよ(笑。

ローラをちょっと目の敵にしていた保護者(そこの家のお嬢さんとは仲がいいんですが、そこの家の親御さんがすぐ突っかかってくるんですよ…娘や娘に)が、合宿の最後のアイスショーを冷やかしに来た時に、『ローラ、上手くなったわね』と一言ボソッと言いにきて、それ以後イヤミも言わずに去っていくぐらいの効果がありましたよ。

クラブから「9月のこの週末にOberstdorfに来なさい(=「レッスン枠をもらえる」)」といわれるくらいには成長しました。

参加者が少ない合宿は、確かに高額になるかもしれないけど、すごい効果だなと本当に感じました。はい。

来年もあったら、来年も10日間は参加させよう…いくら値段が高くても!と、思うぐらいには母は非常に良い出費だったとおもいましたよ。ええ・・・。

参加者が少ない合宿は…素晴らしい。

 

 

モチベーション向上の為に、ポチってしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

Posted by ナッチェット

ドイツに海外移住。
その後高齢出産で子供を二人出産。子育て中のナッチェットです。
子供を非常に緩く育てているつもりなのに、なぜか周りのタイガーママ(教育ママ)的に思われちゃうんですが、そんなことは絶対にないはず…なのですが、どうなのかしら。自分ではわかりません!
どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください