Article
0 comment

先月の子供の習い事(主にスケートのレッスン)にかかった金額

こんにちは、ナッチェットです。
ここ数日、体調を崩して寝込んでました。寝込んでいるといっても一人親なので、ゆっくりできる時間は子供が寝た後、または習い事やお友達の家に行っている時間なので結構しんどい。それでも、私が大変だろうと声をかけてくれるお友達に感謝して、とっとと体力を回復させなければと思っております。

あぁ~、季節の変わり目は辛い。クリスマス直前でイベントが多いから休めないっていうのもあるんですよね。来週の水曜日は聖ニコラウスの日だから、クッキー焼いてもっていかないといけないし…。とほほ。でも頑張ります。

先月の習い事にかかった金額のまとめです。 ほとんどスケートレッスン代です(笑。

ローラ
フィギュアスケート
お月謝 (新しいチームの)         50ユーロ(週三時間+バレエレッスン)
お月謝 (旧チームの)           24ユーロ (もう通っていないので、一番安いお月謝で今年いっぱいまで払うことになりました)

音楽学校
お月謝                  21ユーロ

合計                95ユーロ (約1万3000円)

リュック

フィギュアスケート
お月謝 (新しいチームの)         32ユーロ(週2時間)
お月謝 (旧チームの)           24ユーロ

合計   56ユーロ (約7千円弱)



クラブを移動したので、来月までクラブのクラブの月謝を二重で支払うのは痛い出費でしたが、クラブを移動したばかりなので、個人レッスンのスケジュールなどが決まっていないからローラのお月謝はいつもの月よりも安かったです。そのかわりに、リュックのお月謝がいつもより高かったでございますよ。

12月からはローラの個人レッスンと選手コースのレッスンが始まるのし、クリスマスという大出費が重なる月もある。子供のプレゼントだけではなくて、クリスマスの前は新しいスケートクラブは、クリスマスのショー(クリスマスイベントの前説みたいなやつ?)が3回ほどあり、毎年恒例だそうなのでもちろん衣装はクラブの方であるのですが、肌色のスケート用のストッキングとかレギンズとかローラはもっていなかったので、それを購入したりと遅かれ早かれ必要になるものだとはわかっていても、ちょっとこのタイミングでは辛いなぁ~っと…。

ちなみにですが、ローラのコーチになってくれる人は(とても)若いのですが、『Fachübungsleiter-Lizenz Leistungssport Eiskunstlauf und Eistanz(直訳すると競技スポーツとしてのフィギュアスケートおよびアイスダンスのトレーナーライセンス)』をこの夏に取得したそうなので、今まで習っていたコーチと同様たぶんCライセンスをお持ちなんだと思います。…いや、どのライセンス持っているのってご本人に聞くのは、小心者の日本人なんで聞けなかったんですけど、他の保護者の方に聞きました。…あ、その内、このトレーナーライセンスの件詳しくなったらブログ記事書きますが、ドイツ、なんでも免許(ライセンス)の国なので、こういうの持ってないと教えることもできません。(なんていったって釣り堀ですら、魚釣りの免許持ってないといけないですからね…衝撃でしたよ。1●年前に、当時、バス釣りが趣味だった日本人の知り合い(駐在員)に「魚釣りのライセンス取れた~これで釣りに行ける~(涙)」と言われたときには…。)

レッスンは60分で20€。今、先生がオファーできる時間は、元々子供達がアイスリンクにレッスン出っている土曜日なので、仕事や私生活に大きなストレスを感じさせずにスケジュール調整ができるので助かったなぁっと。 また、選手コースになるので、グループレッスンが週4時間+個人レッスン一時間になるので、6歳の子供には結構な練習量になるし、あと、スケートクラブの契約しているバレエの先生のレッスンも週一であるので、週6時間…結構な運動量で、私自身もシングルマザー、ワーキングママ、2人の子持ちなので結構しんどいのですが、ここ数日、子供達にDVDを見せるために(←テレビをたくさん見せるのはよくないけど、母は横になっていたかった…)コンピュータを弄っていた時に、ローラがスケートを始めたばかりのビデオ(今年の一月)のビデオが出てきて、家族3人で見てたのですが…

ローラが
『私、相当うまくなったよね。このままやったらもっとうまくなれるかな?そしたら、ママ可愛い衣装作ってね?買ってね?』

と言われました。
大変だけど、どちらかというと引込み時間で(ドイツ語の所為もあるのだとは思うのですが)あまり自分の主張をしたがらないし、自身なさげにしていたローラが少しずつ変わってきていることがうれしいなぁ~っと。

後は、うちのリュック(息子)がもうちょっと、落ち着いて、じっとしていられて、人の話を聞ける子にアイススケートを通じてなってくれるといいな・・(←こちらは真逆)。

 にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ

クロックス 公式オンラインショップ

 

Posted by

ドイツに海外移住。
その後高齢出産で子供を二人出産。子育て中のナッチェットです。
子供を非常に緩く育てているつもりなのに、なぜか周りのタイガーママ(教育ママ)的に思われちゃうんですが、そんなことは絶対にないはず…なのですが、どうなのかしら。自分ではわかりません!
どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

Required fields are marked *.