Article
0 comment

子供の習い事|【続】睡眠時間に「う~ん」

こんにちは、ナッチェットです。
しつこいですが、クリスマスシーズン、地味に色々辛いです。水曜日は聖ニコラウスの日だったので、息子の幼稚園にはクッキー焼いて持っていかないといけないし、子供達は聖ニコラウスからプレゼントがもらえるはずだとワクワクしているので、それにも親として対応していかないといえないし…。

なんかクリスマスの後、ばたって倒れちゃいそう(苦笑。ともかく、頑張ります。

さて、しつこく、習い事と子供の睡眠時間の話。

クリスマスの前にスケートクラブ主催のショーがあって、クリスマスツリーの飾りという役というちょっと実力に合わないけどいれていただいた役を全うするために、リハーサルとか追加練習に追われております。

他の子に負担(邪魔)にならないように普通のスケートリンクのオープンの時間(クラブの貸切時間じゃない)に1時間ちょっと自主練。昨晩のリハーサルは、19時半スタートの1時間だったので、自主練が終わったら、リンクのロッカー室で子供達におにぎり食べさせて、娘に宿題させて…。で、全て終わって家に帰って来れば21時を過ぎてしまうわけです。

それに付き合う親はもちろん、下の兄弟も大変。…とはいえ、お姉ちゃんがリハーサルに出ている時間は、ママを独り占めできると楽しんでいるし、帰りの車の中でご就寝なので、リュックはそこまで大変だとは思わないのですが…親心にちょっとかわいそうだなーと思います。

頑張っているお姉ちゃんの方はというと、頑張らないと〜、でも楽し〜と言っているので、いいのですが、結構ハードに練習したあと、家に帰って来るの遅くなったから、とっとと歯ブラシしてベッドに入れよう…としても、アドレナリンがバンバン出ているのか、疲れているはずなのに、なかなか眠れず、結局22時少し前まで起きていました。 今朝は6時起床。6歳の睡眠時間が8時間で良いのか…。ちょっと頭を悩ませます。

もちろん、今は、リハーサルなどがある特別な期間だからしかながないととかいって目を瞑ることができますが、子供の睡眠時間少し心配です。



と・・・言いつつも、習い事をたくさん入れること、忙しいことの利点もあります。

私たちの状況を心配した友達が自宅のワンフロアを間借りしている状態なのですが、6歳と3歳の子供がいればどうしてもうるさくなってしまう。友達はドイツ人なので、「子供はうるさくて当たり前だからさ~」とは言ってくれるのですが、子供のうるささに大変申し訳なく、習い事や用事で家にいる時間が少なければ少ないほど…正直ほっとします(苦笑。

ブログにもちょろっと出てきてはおりますが、子供達(特にローラ)は、軽度のPTSD(心的外傷後ストレス障害)を起こしていると判断されている状態にあり、実際に8月の頭頃などは特にひどく夜中に起きてすぐ私が見つけられない(←別の部屋で寝ていた為)と30分~1時間ほど大泣きをしてました。あまりにひどい上に、夜中に睡眠が分断されて私の体力が持ちそうになかったため、子供達と一緒に寝るようになりました。子供の症状を見て、これはだめだと思い、家を出た後は、寝室は子供達と一緒なのでそれほど泣かないだろうと思っていたのですが、やはり住む状況や家族の状況が違うため、頻繁に夜泣きをしたため、体力的にもしんどかったのですが、あまりにパニックの状態で大泣きをするため、声も大きく、大家さんにも音の迷惑をかけているという心苦しさがあり、それが家を出て3か月たった今もしっかり心に根付いてしまっているので、できるだけ家にいないようにすれば子供の起こす騒音公害が減るかなぁ~っという気持ちでもあります。

同時に、ワンオペのワーキングママ(一般企業勤め)なので、自分の時間が少ない。家に子供と一緒にいて、大きい声で騒がれたり、子供特有の我が儘(←ダメだといってもしつこく続けるパターンの)に振り回されていると、正直言って、子供を怒鳴るだけじゃなくて、手を上げてしまうのではという不安があります。PTSDの症状が出ているので、手を上げたりすることは本当に極力避けないといけないことなのですが、私も個人として女性として、夫に不倫されたという現実、女として魅力がないといわれ続けた数年、離婚と手続きに対するストレス、養育費の事で揉めているということも含めての金銭的な不安などがあり、また、親として、私が踏ん切りをつけられないがためにPTSDの原因となる出来事を発生される要因にもなったという負い目と、片親ということで子供に書ける負担など考えると、夜寝るのも考えすぎて、不安すぎて眠れなくなる時があるので(特にホルモンのバランスがよくない時期だったり御給料日の直前だったり)私自身も必要以上に敏感、または怒りやすい、切れやすい状況にあることが否めないため、こうやって習い事が大変ということによって救われている部分もあるわけです。

いろんな方面に綱渡り状態であるのですが、試行錯誤して、何とか睡眠時間問題も含めさじ加減をうまくできるといいなぁ…と思う今日この頃です。

 にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

 Zoff

Posted by

ドイツに海外移住。
その後高齢出産で子供を二人出産。子育て中のナッチェットです。
子供を非常に緩く育てているつもりなのに、なぜか周りのタイガーママ(教育ママ)的に思われちゃうんですが、そんなことは絶対にないはず…なのですが、どうなのかしら。自分ではわかりません!
どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

Required fields are marked *.