Article
3 comments

三者面談やら…云云

こんにちは、ナッチェットです。
例年とは比べられないぐらい暖かい(ので、雨ばっかり)の冬を過ごしていたのですが、ここにきて急に寒くなってきました。

先週までは朝の早い時間も2,3度ぐらいは気温があったんですよ。今週に入った途端、マイナス気温。そして、愛車は樹氷の車版みたいになってて、毎朝、出勤(と子供の送り出し)の前にガリガリガリガリ車の氷取をしないといけなくなり…寒い。もーのーすごく寒い。

しかも、気温がぐっと下がった途端に、なんかお腹がものすごくすくようになってものすごい食欲が…はっきり言ってこれ以上脂肪を付けてもしょうがないから、こんなことではだめなのに(涙。負けないぞ~。自分に。


え~、ブログの更新が留まっていた理由の一つに、習い事が忙しかったのもあるのですが、親としてやるべきことがたくさんあって…苦笑。仕事早退したり、ホームオフィスしたりしたのですが、本当にいろいろと追いついてないなぁ~、せっぱつまっているな~感が毎日半端ありません。親としての事、全部一人でこなしているので忙しいのは仕方ないと自分を慰めたりはするのですが、なかなかしんどいです…(涙。

ローラは、Lernentwicklungsgesprächeという名の三者面談がございました。
以前は、中間成績発表みたいなのがあったそうなのですが、数年前から、通っている小学校では成績発表の代わりにこの三者面談が導入されたそうです。ちなみに、この面談のメインの出席者は、クラスの担任の先生と生徒です。親は基本的に横に座って聞いていて、面談の最後の5分ぐらい、子供達が廊下に出されて、担任の先生と親との短い質疑応答みたいなのが行われます。

もう一つは、リュックのSprachentwicklungstest (言語発達テスト)というのが幼稚園でございましたよ。
基本的に今年の9月から小学校入学準備コースに入る子供全員が対象なのですが、親が外国人の家庭を対象に再来年の小学校入学準備コースに入る子供も対象に入ってしまって、(要するに準備コースにあがる前に親も準備しろよって話なんだとは思うのですが)親がそのテストに同席できない場合は、両親(二人とも)がサインした委任状を提出しないといけないのですが、子供達の父親がそれをパッとサインするとは思えないし、親として子供の成長の確認とここから先、何に注意して日々努力するべきなのか知っておく必要があると思って行ってきましたよ。

え~っとですね、リュックの方は、全然問題ございませんでした。
この子、中身はほぼ9割がたドイツ人ですからね…何せ、生後6カ月から幼稚園の先生とかに「可愛そうだから早めに迎えにこい」とかいろいろ言われたけど、小児科の先生に「ローラの時の語学発達障害などいろいろな経験を踏まえ、言語の発達の為に、できるだけ長い時間完全ドイツ語環境に入れておく方がいい」と言われて、ガッツリ毎日9時間以上現地の幼稚園の保育部にいましたからね

普通のドイツ人の子供よりも、Rの発音、ウムラウトのつく単語の発音が弱い以外は、問題ないと。現在形過去形もほぼ間違いなく使えているし、der, die, dasの定冠詞もほかの子供達と同等レベルで、自然に覚えちゃっているので全然平気だそうです。 やっぱり第二子。一人目で経験したことをつぎ込んでますからね!楽です(笑

しかーし、第一子のローラさん…いろいろと、担任の先生は「満足してますよ~」といってくれているのですが、母としては…ぜーんぜんダメ!許せないの嵐が発生しましたよ!この三者面談で

三者面談…。先生に、

成績という面では、算数はクラスでトップクラスだし、国語(要するにドイツ語)も平均よりも上だから先生はものすごく満足してます。

が!
授業中のおしゃべりが多すぎ! おしゃべりしすぎて、時間が無くなって、ノート取るのがテロテロになったり、単語と単語の間のスペースがほぼなくなったりしてるでしょ。 隣の席の○○ちゃんと仲がいいのは良いんだけど、一日に3回以上おしゃべりで注意されているのは、貴方たち二人だけ!年度末までに、一度もおしゃべりで注意されない日をどんどん増やしていきましょう。

と言われておりました。ローラ。
そういう話をされている間も、もじもじしてたり、机に肘を立てたり、いすにちゃんと座ってない。脚広げたり、ばたばた足の音させたり、足を椅子の上にあげようとしたり…母は、先生がお話しているのにその態度に、思わず手が出そうになりましたよ。

あんな態度、日本だったら認められません。躾がちゃんとしている日本だだったら、幼稚園の年少さんのGW前ぐらいだったら見るかもしれないけど、それ以降は見ないよ。本当に態度が悪い! あり得ない!母は、あの面談から先、子供のしつけを厳しくしましたよ。年上、目上の人への態度の悪さに、申し訳なさと、恥ずかしさと、もうとーもーかく、ブチっって毛細血管何本かキレたと思います

かーちゃん、日本人だから許せないんだわよ。あの態度。
あぁ、もう、日々の努力・日々の努力…日々の努力。ブツブツ。

子供抜きでの5分間の先生との面談の際に、ローラとそのおしゃべりをしまくっているお友達は、クラスでも成績が優秀なので、成績が悪い子にもどうしてもわかってほしいポイントを教えている時はつまらなくなっちゃうのはわかるんだけど~と、担任の先生生易しいこと言っておりましたが、ダメ!ほかの子の勉強の妨げになるなんてダメすぎるでしょ。

あと、先生からドイツ語の理解力、音読を含め全体的に成績が突然よくなってきたから、塾に通わせたんですか?って聞かれたんですけど、…いえ。我が家には通わせる時間も予算もございません。スケートにすべて持ってかれてます(苦笑。

でも、ローラの図書館カードを作って、週に一回図書館に行く日を決めて、図書館で週に一冊、借りる本を自分で選ばせて、一週間で読み終わるように促している用にしたからだと思います。スケートクラブの上のお姉ちゃんたちも、練習の合間に、図書館で借りた本や、参考書みたいなの読んでいるから、それをまねして本を読むようになったのですよ。日々のちっちゃい努力です。こういうの馬鹿にできません。

先生に、ブラボーといわれました(`・∀・´)エッヘン!!

母頑張ってます。

はぁ~、本当にローラの態度が悪いの、っていうか態度がドイツ人仕様になっているのが困った…対策を練らねば、とここの所そればっかりが頭の中で占めております。トホホ…

 にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

Posted by

ドイツに海外移住。 その後高齢出産で子供を二人出産。子育て中のナッチェットです。 子供を非常に緩く育てているつもりなのに、なぜか周りのタイガーママ(教育ママ)的に思われちゃうんですが、そんなことは絶対にないはず…なのですが、どうなのかしら。自分ではわかりません! どうぞよろしくお願いいたします。

3 Comments

  1. ええっと… お嬢さんはうちの娘の生き別れの双子の姉妹ということはないでしょうか。
    ないとは思いますが、一応確かめておこうかと(爆

    p.s. 予定より早く靴を新しくすることになりそうです(涙

    Reply

    • ((´∀`))ケラケラ

      私、家庭ではいろいろうるさく言うので、肘をついていたりしたら(ご飯の時とか特に)スパーンと何か飛んでいくのでローラはしないんですよね。
      なのに、外に出たら…ってどういうことでしょう。環境?
      いや、性格かも…怠け者なので、うちの子…

      追伸
      え~、シーズンの途中で新調っすか?( ;∀;) サイズいくつですか?

      Reply

  2. サイズ、多分32… 
    とりあえず、来週の週末にその道のプロ()に見てもらってきます。
    四月からのパッチのお金も払わないといけないし、はあぁ〜。

    Reply

コメントを残す

Required fields are marked *.