子供の習い事|親として悩むこと

こんにちは、ナッチェットです。
ローラはカーニバル休暇。クラブのお友達の⅔は合宿で南ドイツまで言っておりますが、合宿不参加組だったので地元で自主練の毎日です。とはいえ、今日は、残っている組さんは練習があるので、今日は久しぶりにちゃんとレッスン。

クラブの合同練習の前にリサ先生に個人レッスンを入れてもらっているので、今日は2時間半の練習の予定です。頑張れ~。

 

さて、ここからは親としてのただの悩みです。似たようなこと過去にもポロっとアップしましたが、悩み事再浮上です。

大会に出るなら優勝したい(っていうか娘はトロフィーがほしい)ローラ。
そのローラのためにも、右に左に走っている私ではありますが、かといってフィギュアスケート一本に絞ってというわけではないのですよ。最低でも週に一回は小学校のお友達と遊べるように予定を調整してます。その努力が効したのか(?)コーチから、次の大会は予定していたクラスの一つ上のクラスでエントリーできるから、振り付け代わるけど(←涙)、そこまで大きく変わらないから頑張ろうといわれて、ローラは俄然やる気になってますは、母ははらはらしております。

仕事もしているし、もちろんリュックもあるので結構しんどい調整なのですが、周りの保護者の方のヘルプのもと何とか、週に一度は、リュックもローラもお友達に遊びに行くというのをキープしてます。友達のうちに遊びに行くというのは、実は別居を始める前はあまりなかったことなんですよね。子供達の父親があまりそういうことに努力をする人ではなかったのと、地元の習い事(音楽学校や体操教室)で友達と遊んでいるんだからそれで十分だという考えが強いからなのですが…習い事は習い事。友達と「遊ぶ」と一緒にするのはどうなのかな、というのが私の本音で、ワンオペ育児を開始してからは特にそういうことに気を付けております。

現在、ローラの一週間のスケジュールは

月曜日 学校→学童→フィギュアスケート2時間
火曜日 学校→学童/学童→友達のお家/友達のお家/図書館
水曜日 学校→学童→フィギュアスケート2時間+基礎体力/バレエ/陸上トレーニング1時間
木曜日 学校→フィギュアスケート1時間~1時間半→図書館→音楽学校90分
金曜日 学校→学童→体操教室(←父親の方が間違って今年度分全額払ってしまっていて返金がきかないから言ってもいいよとのお達し)
土曜日 フィギュアスケート 90分 その他は、親子で遊んだり、友達と一緒に遊んだり、友達の家に遊びに行く日
日曜日 子供達→父親の日

という感じなんですよ。まぁ、これでもかというくらい詰まってます。
日本だったら、これぐらいのスケジュールは結構普通な部類だとは思うのですが、こちらだと「スパルタすぎではございませんか」のスケジュールです。

先日、ヘッドコーチから

『ローラはどうして金曜日の陸上トレーニングに来ないの?いい物を持っているのに、筋力と体力がなさすぎる!勿体ないから金曜日のトレーニングに参加することを真剣に考えてほしい』

と言われました。

え~、っと。金曜日のトレーニングは…行っている子がいるのは知っていたのですが、どこでトレーニングしているから知らなかったし(汗)、ついでに言うと、子供のスポーツ障害を防ぐ運動量は、小学校低学年までは7時間と言われているから、娘の練習量を考えるとギリギリかなというのが私の正直な考えでした。

金曜日の陸上トレーニングは15時半から18時の2時間半。

冬のだけとは言え、週10時間前後の運動量。これはちょっと多すぎないかなぁ…。でも、スケートを本気でやっている子はこれくらい運動している…んだろうなぁ。どうなんだろう。とても悩みます。母としては…

選手コースに入れた時点で、もうちょっと深く考えておけばよかったかなぁ…。うちの子の運動神経を甘く見てたっていうかなんというか…。トライアンドエラーアルのみなんだとは思うけど、親としての覚悟って、色々なところで、考え直したり、悩んだり、あるけど…またやってきたよ…と思ったりして。

はっきりいって、スケートは好きだけど、現在の練習量を歓んでこなしているわけではないローラ。これ以上の練習はどうなんだろう。とても負けず嫌いなので、他の友達が頑張って練習して一番になりたいという気持ちと、フィギュアスケートを頑張ったらママがうれしいかなという気持ちだけで滑っているわけで…。難しい…可能性があるならば、可能性を育てたい。でも、楽しくスケートを滑っていたい子に、選手としての道をバシバシ進ませるのは… 難しい…どうなんだろう。はぁ。

それに、子供はローラだけではない。リュックもいる。
才能だけでいえば、リュックの方がたぶんローラよりもだいぶ上。ヘッドコーチにも、リンクの端で滑って遊んでいるリュックは褒められているらしい(ローラが、自分よりもコーチに褒められている気がするとや気持ちを焼いていた)。でも、リュックは、他のお友達のようにサッカーに行きたいとか別の男の子っぽい習い事がしたいとのたまう。(ちなみに、まだ3歳。もうすぐ4歳男子。ちょっと言いたいこと言いすぎじゃない?っていうか二人目ってこんなものでしょうか)でも、ローラに力を入れたら、結局リュックが通える習い事はスケートだけになると思う。難しい。

親として、なやみます。
本当に才能がある、可能性があるならば、そこを伸ばしたいと思うのは親だったら当たり前。でも、子供にも子供の気持ちがある。
親のコピーじゃないし、親のおもちゃでもない。
でも、子供が「やりたい」と思うことが、子供にあっている、才能が伸ばせるものにならないこともある。
子供の「やりたい」ことが、「楽しい」だけで終わって、何かしらの子供の個性の基礎にならないのだったら、色々ギリギリで生活している余裕のない母なので、そこは切り捨てていきたい。

難しい…悩みどころです。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア

Posted by ナッチェット

ドイツに海外移住。
その後高齢出産で子供を二人出産。子育て中のナッチェットです。
子供を非常に緩く育てているつもりなのに、なぜか周りのタイガーママ(教育ママ)的に思われちゃうんですが、そんなことは絶対にないはず…なのですが、どうなのかしら。自分ではわかりません!
どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください