Article
0 comment

Lego Junior

こんにちは、ナッチェットです。

どっかのブログ村に「海外シングルマザー育児」っていうカテゴリができてて、私としては「シングルマザー」っていうよりはワンオペ育児ママで通したいのですが、まぁ、言葉をただせば、「単親世帯」なので…。え?正式に離婚が終わってないじゃんって? そうなんですけど、日本だと、離婚後女性の方が一年間かなんか一定期間再婚できないけどすぐ離婚できる…んですよね?ドイツでは、離婚する前にこの一年間が取られます。要するにですね、男性の方は離婚後すぐ再婚できる日本と、離婚するなら喧嘩両成敗的に、両方とも一年間再婚できないドイツの違いです。 ちなみにナニ人であろうと、ドイツに生活基盤(住居、仕事など全般)がこちらにある場合は、基本的にドイツ法での離婚が優先されるらしいです。だから、日本の方に離婚届を出したとしても、ドイツで同時期に離婚の申し立てが出されたりするとドイツ側の離婚の申し立てのパワーが強いらしいです。(まぁ、家は子供達もドイツ国籍持っているし云云もあるらしいのですが…私の場合、あまりにめんどくさい難しいので専門家に丸投げですが)

で、わたくし、いまこの一年間におります。現実的には、離婚しているのとおんなじです。 子供の父親から養育費(ただし、あちらの方ちゃんと法的に決まっている金額払ってくれないので、弁護士さんがいろいろしてくれてますが)をもらい、毎週日曜日が子供達が父親のうちに行く日となってます。

正直言って、日曜日じゃなくて、土曜日に子供達が父親の方に行ってくれると買い物とか子供がいるとやたら時間がかかる事がパパッっとできるのでというのはありますが、子供の父親に任せるとフィギュアのトレーニングに遅刻していきそうなので、子供の事を優先すると…母には頑張るという選択肢しかないので、ね。まぁ、ともかく、ブログ村のカテゴリー少し変わりました。

最近4歳になったリュック。
リュックが四歳になったのを機に、Duploさんを卒業して、Lego Juniorさんに移行をはじめました。

Duploさんは結構たくさん我が家にあるのですが(Ikea の箱3つ分…あり過ぎである)Lego Juniorは今までは日本で買ったNinjagoが一つだけで、もともとローラが、じーじに買ってもらったものなので、リュックは触らせてもらえなかったんです(苦笑。

で、お誕生日にいくつかLego Juniorを頂いて、Playmobileもいくつかいただいたのですが、きっと相当ローラが触れさなったLego Juniorにあこがれていたみたいで、誕生日から毎日これでもかというくらい遊んでます。いや、レゴに対する集中力が凄いのですよ、リュック。執念ですね。

お誕生日プレゼントの中で一番気に入っているのは、これ↓

これを良くスケートリンクに持ってってます。大きすぎやしないですかと、正直思うのですが…ローラの練習量とリュックの練習量に大きな差があるので、リュックは待ち時間が長い。今まではiPadでAmazonPrimeのビデオを見せていることが多かったのですが、レゴのおかげで一人で忙しくしてます(笑。

でも、それが今度面白くないのは、ローラ。正直言って、学校の勉強もあるし、スケートの練習もあるので、レゴで遊んでいる時間がほぼないのですが、自分の持っているレゴの量よりも、リュックが持っているの方が多い(のと、Legoを持ち運べる箱をリュックがもっている事)が許せないらしく…家庭内でもめてます。

正直言って、Legoって結構値段が張るので、そう簡単に買いたくないんですよ!
ワンオペママ、いつもお金はギリギリです。特に、ここ数日、わけわからないくらい寒かったのでそれに合わせて(?)ガソリンの消費もものすごかったので、今月はマジでひっ迫してます。 そういう状態なのに、Legoがほしいと子供に合唱されるとマジで切れそうになります。明日のごはんも買えないとかいうひっ迫した状況にはまだなったことないけれども、予期してない出費で生活費がひっ迫すると、ちょっとパニックになりそうになります。本当のところ。こういうところ一人親って、不安が半端じゃありません。自分が食事我慢して…でどうにもならないときがありますから、ね(ため息)

助かったのは、今目使っていた大量のDuploさんをEbay Kleinanzeigeで中古で売り、そのお金で、お誕生日でプレゼントがダブっちゃったのでという理由で同じくKleinanzeigeで売っていた方達から2箱、新中古を購入してました。

Legoって私も子供の時にたくさん遊んで、知育玩具としてはすばらしいと思うのだけど、値段が高いのが本当に難点。でも、子供にはすごい楽しいおもちゃなんだよね…いろいろと難しいでございます。はい。

無い知恵を振り絞らなないと厳しいです。お金のやりくり

にほんブログ村 子育てブログ 海外シングルマザー育児へ

Creema 公式オンラインストア

 

Posted by

ドイツに海外移住。 その後高齢出産で子供を二人出産。子育て中のナッチェットです。 子供を非常に緩く育てているつもりなのに、なぜか周りのタイガーママ(教育ママ)的に思われちゃうんですが、そんなことは絶対にないはず…なのですが、どうなのかしら。自分ではわかりません! どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

Required fields are marked *.


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.