Article
2 comments

子供の習い事|S2018/2019がオフィシャルにスタートしてないのに

こんにちは、ナッチェットです。
あぁ…もう本当に昨日は暑かった…今日も暑くなるらしい。とても…辛い。
4月なのに、春バテ(?)しそうです…暑い。

ついでに…
娘がSoy Lunaにハマっていて…毎日毎日毎日毎日車の中で聞くAppleMusicの曲は、Soy Luna Liveで辛い…。
ちょっと前まではP!nkで、これは母、とっても好きな歌手だからハッピーだったんだけど、Soy Lunaは…なんかいろいろつらいです。4月の頭に、ツアーでドイツに来ていたそうで、クラスのお友達がフランクフルトでのコンサートに行ったそうで…クラスの女の子でとってもアツいそうでございますよ。

小学生にもなると、アイドルにハマるんだなぁ…と母、子供が大きくなっていることをこうい事で実感しておりますワ…
そういえば、私の妹の世代(すみません、完全に私のジェネレーションの一つ後なんですが…年がだいぶ離れている兄弟なんで)は、そういえばDisney Channelのブリトニー・スピアーズズとジャスティン・ティンバーランドがDisney Channelでアツかったけど、今どきのDisney Channel出のアイドルって…スペイン語なんだね。英語じゃないんだね…。トランプさん、メキシコとの国境に壁立ててもいろいろ遅くね?と、こっそり思う今日この頃…スペイン語がツラい。

 

 

先日、スケートクラブのとある一部のママに、『何でローラちゃんは毎日トレーニングに来るの?そして、トレーニングにくるお金をどこから出しているの?』と言われました。

私の回答、『コーチが上手くなりたいなら練習に毎日来いといっているから』と『お金はないけど、色々なところを切り詰めて(主に休暇と私の女性としての予算)出している』でございます。

ウソついてません。事実です
正直言って、シングルママで家の契約が簡単に出来なくて、育児をほぼ放棄していた父親から子供達に与えられるストレスに私も子供達も参っていて、それを心配してくれて今住んでいるうちを借りているのですが、その家賃も相当安いからというのも練習が続けられるポイントではあります。

「そこまでして、スケートを頑張る理由がわからない」と言われましたが、分かってほしいと思っていないので、取り敢えず曖昧に笑って回答をせずごまかしてみましたが、家は、忙しくしていないと私も子供もいろいろグッと落ち込んでしまいそうになることがたくさんあるので、無理にでも外に出なければ!という原動力と、アジア人特有の「先生が指示したことをやるぞ(気合!)」っていう根性とが私達家族を前に押し出しているというのはあります。っていうか、正直それに尽きると思います。

私が家族・親戚…みたいな存在が子供達の父親以外いない外国で、ワンオペで育児する、シングルパレントになってから一番怖かったのは、親子で鬱や引きこもりになる事でした。そしたら、終わりだな…っていうのが漠然と、でも、目の前に本気で佇んでいる危機としてありました。だから、スケートによって救われている部分はたくさんあります。

そこまで偉そうに演説しなくてもいいので、何も言わずヘラヘラ~っとしていたら、さらに、「そんなに頑張ってもケガで一発引退ってこともあるのに(…リサ先生はそういう理由で引退してトレーナーの資格を取りました)趣味以上にお金を投入する必要はないじゃない」とか「思春期に入ったら女の子は体格が変わるから滑れれなくなる子ばかり、そこまでお金をかける必要はない」とか「勉強の方が大事だ」、「合宿に送り出すくらいだったら家族で旅行へ行った方がよっぽど精神的によい」「スケートの合宿より、外国にサマーキャンプに出して語学を覚えさせたほうがいい」とか、…すっごくたくさんコメントを頂きました。

とても気持ちはわかるし、私だって同じこと思うし、悩むけど。とりあえず、『今年は』できるだけ子供をスケートさせると決めたし、子供がスケートで壁にぶつかっても息抜きできるかな…と思って、9月から音楽学校でフルートを習うことも決めた。

決めたんだから~‼っと心の中で雄たけび上げてみたけど、心の中で雄たけびを上げるということは私もまだ悩んでいるのかな…と。精神統一して…せめてシーズン2018/2019の親としての目標とゴールは…初志貫徹せねばとちょっと思ってみましたよ。今週。まだシーズン2018/2019がオフィシャルにスタートしてないのに、へこたれそう!

まだ、コンディショントレーニング始まって2週間目が終わるところなのになんか微妙にロングボードで初心者サーフィンができるぐらいには波が立っているよ…( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

プレミアム バンダイ 

 

Posted by

ドイツに海外移住。 その後高齢出産で子供を二人出産。子育て中のナッチェットです。 子供を非常に緩く育てているつもりなのに、なぜか周りのタイガーママ(教育ママ)的に思われちゃうんですが、そんなことは絶対にないはず…なのですが、どうなのかしら。自分ではわかりません! どうぞよろしくお願いいたします。

2 Comments

  1. スペイン語って言ったらフリオ・イグレシアスとかグロリア・エステファンの世代です…

    この失礼なコメント、スケートクラブのママさんですか?!
    びっくり。

    Reply

    • いや、正直イラッとしますが、こちらのお嬢さんはとても人懐っこくてどうやらギムナジウムのスポーツ専攻のクラスに入学が決まっているようで…最終的に親が子供の可能性をどこまで信頼できるかどうかの話だと思うので、こちらのご家庭はムリなお金をかけず、子供の希望よりも親の要望を子供に…という形を取ったんだなと後からおもいました…ははは。、人それぞれなのであんなに力づよく言わなくても…とは正直本気で思いましたが…ま、やっぱり人それぞれなので、イラッとしたことは横に置いておくことにします。はい。

      Reply

コメントを残す

Required fields are marked *.


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください