Article
0 comment

子供の習い事|ワンオペだから陥りやすくなる

こんにちは、ナッチェットです。
今朝(夜中?)は、羽生結弦選手の金メダルと、宇野昌磨選手の銀メダルで、一人で盛り上がってます。あ、もちろん、J.フェルナンデス選手もおめでとうございます(パチパチ)

いやぁ~、朝から娘に「ママが興奮しすぎてるから滑りを集中して見れない!」とか怒られました。あ、すみませぬ。
うちの娘的には、宇野昌磨選手がチャンプに失敗した後、笑いながら持ち直したのが凄いなぁ~の一言のようでしたが、母は個人的にはN.チェン選手が個人的にはすごく頑張ってたなって思います。18歳だしね。まだ若いんだよ…。でも、いや、ケガからのカムバックがオリンピックで、しかも連覇の羽生選手はすごいわ。いや、本当に、彼の事嫌いな人は嫌いだし、大好きな人は大好きだけど、やっぱり、彼のストイックさと、努力はすごいわ。かっこつけてる、鼻につくとかいろいろネットで評価されようが、ちゃんと周りの人にも感謝できるし。

かっこつけてようが、かっこつけてなかろうが、ちゃんと声に出して、体に表して「感謝できる」っていうことはすばらしいことだと思う。兎も角…本当におめでとうございます。カッコいいわ。本当に。

 もうすぐ息子の誕生日。これは誕生日会の招待状↓

[Read more]

Article
2 comments

子供の習い事|一言でぶったぎられました(涙。

こんにちは、ナッチェットです。
オリンピックのフィギュアスケート男子シングルスが始まりましたね。ガッツリ見ております。

羽生選手の滑りがよかったですね。「羽生結弦」っていう滑りでしたね。あれだけのプレッシャーの中ですごいなぁ、のただ一言ですよ。宇野昌磨選手もプレッシャーの中で踏ん張った!(特にジャンプ、減点になりそうなところを気力と持ち前の運動神経で乗り切ったっていう感じでしたね)。J.フェルナンデス選手は、やっぱり経験値が高いし、何よりも強い精神力でグイグイ来ている来ている感じがして…すごいなぁと思います。さすがヨーロッパチャンピオン。P.チャン選手もすごかったなぁ…。ちょっと残念というか若いからプレッシャーに負けるのはしょうがないけど、N. チェン選手が団体戦の時もそうだったけど、精神的にいろいろ来ているだろうなぁ…と。

あぁ~フリーが楽しみです。

[Read more]

Article
0 comment

子供の習い事|親として悩むこと

こんにちは、ナッチェットです。
ローラはカーニバル休暇。クラブのお友達の⅔は合宿で南ドイツまで言っておりますが、合宿不参加組だったので地元で自主練の毎日です。とはいえ、今日は、残っている組さんは練習があるので、今日は久しぶりにちゃんとレッスン。

クラブの合同練習の前にリサ先生に個人レッスンを入れてもらっているので、今日は2時間半の練習の予定です。頑張れ~。

 

[Read more]

Article
0 comment

子供の習い事|え?来月合宿?…ムリでしょ。

こんにちは、ナッチェットです。
温度計は暖かめの気温をさしているのに、湿っているっていうか、底冷えするっていうか、東京みたいな寒さがするっていうか…ともかく寒いんです。私…。

ジンジャーティーとか体が暖かくなるもの必死で飲んでいるのですが、なんかゾクゾクします。あぁ、風邪の前兆じゃないといいなと本気で泣きそうになっておりますが、ワンオペ育児。気合で何とか乗り切らないとと思ってます。昨日、娘が突然マーライオンのようになって「げ~、風邪!? 風邪?」と思ったのですが、よく聞いたら、開けて3日以上経っているんだったら中身を捨てなさいと口五月蠅く言っていた、味付きのミネラルウォーターを飲んだらしく、それでマーライオンになったようです。完全に自業自得。人の話を聞かない方は、体で覚えてください…(苦笑。

(写真はドイツで有名な…コストナーさんのコーチの率いるフィギュアスケートキャンプのIce-dome様からお借りしました…)

[Read more]

Article
0 comment

子供の習い事|スケジュール管理

こんにちは、ナッチェットです。

子供達は、今日は父親の日。正月にちょろっと父親に会いましたが、実際に父親と長時間(とはいえ8時間)過ごすのは12月半ばぶりになる子供達。リュックは相変わらず、父の家には行きたがりませんが、法的にいろいろと線引きがしっかりできてないのに、子供が行かないということが起これば、色々立場が弱くなるのは私です。

ついでに言えば、ここ10日ほど一緒にいる間に、子供達の私への甘えからくる我が儘が笑えないくらいひどく、正直言って私自身がバーンってブチ切れる直前(昨晩はブチ切れてたかもしれませんが)だったので、無理やり送り出しました。

もうねぇ、ドイツ生まれ・ドイツ育ち。国籍もドイツのを持っている子供達。完全に日本人とはかけ離れてます。

「ママ、この食事美味しくないから食べない」と言って食事拒否することは時々あったのですが、昨晩は一昔前の嫌いなものがあって給食が食べ終わらない居残り弁している子供のようにキッチンでいつまでもご飯を食べるまで着席させていると、ある程度時間がすぎると、ちゃぶ台返しならず、お皿返しをして「ご飯全部落ちたから汚いから食べない」とか言い出しやがりましたよ(怒。

まーじーで、母ブチ切れて、昨日は上の子も下の子も、5分間泣き叫ぼうが玄関から外に出しましたよ。
幼児虐待だとか言われてもイイと思いましたね。あれは、子供による母親に対するネグレストだわ(号泣。

…っていう事件があったので、変な話ですが、子供達が父親の方の家に言ってくれてよかったです。そうじゃないと私がホント使い物にならなくなると本気で思いました…。あぁ~本当に、躾とかそういうこと考えたら、もうちょっと社会が厳しい日本に帰ったほうがいいのかもしれないとちょっと本気で思う今日この頃です。

[Read more]